CD V.A.『きみになりたい。』
CD V.A.『きみになりたい。』

CD V.A.『きみになりたい。』

¥3,024 税込

¥5,400以上の購入で送料無料

送料は¥600です

商品番号:RMCA-1013 全16曲 デジパック仕様 カヴァーイラスト くらもちふさこ (「天然コケッコー」集英社刊) 女の子が愛だの恋だのと歌っていられる日が、いつまでも続きますように。平和って、そういう日常を指すものだと思う。 多くの女性アーティストに楽曲を提供してきた小西康陽。彼の手にかかると、アイドルから映画女優まで、誰もが新たな輝きをもってみえる―――。そんな“小西マジック”にかけられた、チャーミングな曲の中から、選りすぐりの16曲を一枚のCDにおさめました。 今では廃盤となってしまった入手困難な作品など、80年代半ばから現在に至るまで、貴重な音源も多数収録されています。花々を束ね、華やかなブーケにするように編みあげた、小西康陽アンソロジー。 01. パリの恋人/トーキョーの恋人 / 観月ありさ 02. 逢いびきの森で / 中谷美紀 03. あんなに愛しあっていたふたりなのに / 吉岡忍 04. 1983 / T.V.JESUS 05. 抱きしめたい(readymade mix) / 井上睦都実 06. 日曜はダメよ / 三浦理恵子 07. ママ・トールド・ミー / 宮村優子 08. 結婚のすべて / 戸川京子 09. 有給休暇 / 松本伊代 10. キス / 岩本千春 11. チェリー・ヴァニラ / 細川ふみえ 12. Boy Boy Boy / ガールガールガール 13. フォーチュン・クッキー / ピチカート・ファイヴ 14. アデューは悲しい言葉 / 野本かりあ 15. マジック・カーペット・ライド / 市川実和子 16. キミノヒトミニコイシテル / 深田恭子 選曲・監修 長谷部千彩 「きみになりたい。」16のメモ 01. パリの恋人/トーキョーの恋人 観月ありさ 作詞/作曲/編曲:小西康陽 Album「ARISA Ⅲ LOOK」収録 1994.12.24発売 アルバムの冒頭を飾るのは、cobaさんのアコーディオンが印象的なこの曲。当時、小室哲哉さんのプロデュース作品のイメージが強かった観月さんにフランスの香りがするおしゃれなポップソングを提供。観月さん自身もお気に入りでコンサートでも歌われるとか。 02. 逢いびきの森で 中谷美紀 作詞/作曲/編曲:小西康陽 Album「食物連鎖」収録 1996.9.4発売 話題作への出演が続く女優、中谷美紀さんのファースト・アルバムに収録された1曲。美しいストリングスと透明感溢れる歌声。奏でるジャズ。歌詞・メロディともにドラマチックなこの曲は、まるで一篇の映画のよう。 03. あんなに愛しあっていたふたりなのに 吉岡忍 作詞/作曲/編曲:小西康陽 Maxi single「BOY ep」収録 1998.8.26発売 元・COSA NOSTRA/吉岡忍さんのソロ・マキシシングルに収録。発売当時は小西さんがDJでよくかけていたので憶えている人も多いはず。翌年発売されたアルバム「PINUPS」も小西さんのプロデュース。こちらも名曲揃い。 04. 1983 T.V.JESUS 作詞/作曲/編曲:T.V.JESUS Album「SUPERSTAR」収録 1997.1.25発売 有近真澄さんと寺本りえこさんによるクールなユニット「T.V.JESUS」。ファースト・アルバム「SUPERSTAR」には、プロデューサーとして参加した小西さんとふたりの合作が多く、中でもこれは人気の高かった1曲。 05. 抱きしめたい(readymade mix) 井上睦都実 作詞/作曲/編曲:小西康陽 Single「抱きしめたい(readymade mix)」収録 1993.2.1発売 小西さんが提供してきた数ある楽曲の中でも、最も明快なポップチューン。オリジナルは91年に前田香奈さんというシンガーに書きおろしたもの。築地ロケを行ったプロモーション・ヴィデオも小西さんがディレクションをつとめました。 06. 日曜はダメよ 三浦理恵子 作詞/作曲:小西康陽 編曲:船山基紀 Sngle「日曜はダメよ」収録 1991.11.7発売 当時"魅惑のキャット・ヴォイス"なんて言われていた彼女の魅力全開の、女の子のかわいいところだけを集めてできたようなこの曲は、アイドルファンの間でもちょっと知られた隠れ名曲。タイトルはもちろんあの映画から。 07. ママ・トールド・ミー 宮村優子 作詞/作曲/編曲:小西康陽  Album「産休」収録 1998.7.23発売 『新世紀エヴァンゲリオン』のアスカ役を始め、数々のアニメ作品で活躍する声優、みやむーこと宮村優子さんのアルバムから。アスカといえば「あんた馬鹿?」のセリフが有名ですが実はこの曲の中でも「バカ」と歌ってくれています。 08. 結婚のすべて 戸川京子 作詞/作曲:小西康陽 編曲:中村圭三  Album「O'Can」収録 1990.1.25発売女優として活躍された戸川京子さんも、90年代の頭までは歌手としてレコードをリリースしていました。 今回収録された「結婚のすべて」は、後に大幅なアレンジを加え、ピチカート・ファイヴがカヴァーしています。 聴きくらべてみるのも楽しい。 09. 有給休暇 松本伊代 作詞/作曲/編曲:小西康陽 Album「プライベート ファイル」収録 1989.1.21発売 小西さんが作家としてアーティストに楽曲を提供し始めた、ごく初期の作品。恋を突然失ったときの女の子の気持ちを、松本伊代さんがシックに歌い上げているのが印象的。 松本伊代さんには、この他に「交通渋滞」「カーマイン・ローション」「少しだけ遠くに」の3曲を書いています。 10. キス 岩本千春 作詞/作曲/編曲:小西康陽  Album「かがみ」収録 1990.3.25発売   CMや映画で活躍していた女優、岩本千春さん。樋口康雄さんプロデュースでデビュー。当時はあまり話題にならず、すぐに廃盤になってしまい、幻の楽曲となっていましたが、96年にドイツのDJル・ハモンドインフェルノが監修した日本の音楽のコンピ「SUSHI 3003」に収録され、小西作品のファンを唸らせました。 11. チェリー・ヴァニラ 細川ふみえ 作詞/作曲/編曲:小西康陽  Album「SUKI SUKI スキャット」収録 1992.11.26発売 細川ふみえさんといえば、デビュー曲「スキスキスー」の印象が鮮烈。実は、小西さんの作品です。今回はアルバムに収録された、スウィートでソウル風の佳曲を収録。細川ふみえさんのちょっと舌足らずでガーリィーなヴォーカルが絶妙。タイトルそのまま甘~い香りが漂う一曲。  12. Boy Boy Boy ガールガールガール 作詞/作曲/編曲:小西康陽  Album「ガール ガール ガール集大成・ 野望編」収録 1994.10.25発売  窪田晴男氏、桜井鉄太郎氏、そして小西さんの3人が、毎週、書き下ろしの楽曲だけをオンエアするという、前代未聞、伝説のFM番組「ガール・ガール・ガール」。番組のマスコット・ガールの3人をフィーチャリングして作られたポップ・シャッフル・チューン。曲もカワイイが、詞もカワイイ! 13. フォーチュン・クッキー ピチカート・ファイヴ 作詞/作曲/編曲:小西康陽   Single「スーパースター」収録 1994.7.21発売 シングル「スーパースター」のカップリング曲。アルバム未収録楽曲であり、既にシングルも入手困難なため、ファンの間では隠れた名曲として注目されているレアなトラック。 14. アデューは悲しい言葉 野本かりあ 作詞:小西康陽 作曲:C.フランソワ 編曲:小西康陽  12inch vinyl「ARIA,KARIA,MARIA ep」収録 2003.10.22発売 野本かりあさんの新曲は、キャッチーすぎるフレンチ・ポップ。2003年にアナログのみでリリースされ、大好評につきCD化。 15. マジック・カーペット・ライド 市川実和子 作詞/作曲/編曲:小西康陽   Album「戦争に反対する唯一の手段は。-ピチカート・ファイヴのうたとことば-」収録 2002.3.31発売 ピチカート・ファイヴの代表作を、市川実和子さんがカヴァー。彼女のハスキーでアンニュイな声は、小西さんのお気に入り。野宮真貴さんが歌うオリジナルとはまた違った印象に。 16. キミノヒトミニコイシテル 深田恭子 作詞/作曲/編曲:小西康陽  Single「キミノヒトミニコイシテル」収録 2001.10.3発売 深田恭子さん本人も出演していた、コーセー化粧品「Fasio」CMソング。はじけるようなポップなメロディと、サビの部分の呪文のような不思議な歌詞は、一度聴いたら忘れられず、つい口ずさんでしまう一曲。オリコン初登場8位。